そこで若い世代を対象にした新たな自動車が開発されている

若い世代は車に憧れを抱くのではなく、運搬手段として見ている

いい車に金をかけるより、メールで情報を共有し、安心したいのではないか」と分析する。自らチームを率いてルマン24時間レースを制覇した経験を持つ郷和道さんは「30歳代半ばより若い世代は、生まれた時には家に車があった。彼らにとって車はあこがれではなく、移動や運搬のための道具なのだろう」と指摘する。車への関心を再び高めてもらおうと、各社は知恵を絞っている。日産自動車は、07年10月のドイツのフランクフルト・モーターショーで、小型電気自動車「ミクシム」を披露した。

運転席の前面に広がるディスプレーには、タイヤの様子や、普通なら運転席から見えにくい四方の風景が映し出される。欧州メディアの評は「まるでニンテンドーが作った車」。ゲーム感覚で現実の世界を運転できる。1回の充電で250キロの距離を、最高時速180キロで走る性能を持っている。開発を担当した井上真人さんは「デジタル世代の車離れを食い止めるため、2年かけて作り上げた。

市販に向けて、さらに手を加えていく」と意気込む。日産自動車の小型電気自動車「ミクシム」。ドイツ・フランクフルト・モーターショーで。2007年9月撮影。車が売れなくなった90年代後半から、自動車メーカーは競って使い勝手のいいミニバンや、低燃費の軽自動車を発売した。車が持つ楽しさ、かっこよさはさほど重視されなくなった。車をあこがれの対象から道具にしてしまった責任の一端は、メーカーにもある。日産の志賀俊之・最高執行責任者(COO)は「車に乗る楽しさ、車を持つ喜びは普遍的なはず。車がなくてもいいと思われてしまうのは、メーカーの努力不足だ」と自省する。
車の一括査定なら、車の走行距離や年式などの簡単な入力をするだけで、複数社から見積りが取れます。車を売却するなら、たくさんの会社の査定を取って、一番高く買い取ってくれる所を見つけて、賢く売りましょう。
今月の買取り強化車に、ずっと売ろうと思っていたZ1がおおきく紹介されていたので、バイク買取りのZ1専門買取で売却をすることに決めました。楽しみです。
私はインターネットを利用してCBX400買取をしてもらいました。自分の足で言っ店舗ずつ回るのは大変ですけど、パソコンひとつあれば速攻で多くのお店から結果を貰えます。


「実際に運転をしないから、車の楽しさが分からない。楽しささえわかれば、部員もさらに増えるはず」と期待する。車は、そもそもゲーム機と対立するものなのだろうか。グランツーリスモの制作を総指揮した山内一典さんは、逆に、このゲームこそが若者の車離れを解消する切り札になると考える。免許が持てない18歳未満でも、運転の楽しさに触れることが可能なためだ。

「ゲームを通じて、将来の車好きを育てたい。15歳以下の世代がしかるべき時期に刺激を受ければ、車への愛情を持つようになると思う」車が魅力を取り戻すためのヒントは、こんな所にあるのかもしれない。東京モーターショーの会場では、ゲーム専用の展示スペースが登場したほか、発売されたばかりの三菱自動車「ランサー・エボリューション」とともにゲーム機が設置され、仮想世界で「試乗」できるコーナーまでもがお目見えした。

新着記事
2013/09/29 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/25 新着記事を更新しました。
2013/09/24 車のエンジン音を更新しました。
2013/09/21 オートモールを更新しました。
2013/09/19 スタートから失速を更新しました。
2013/09/17 マザーマーケットを更新しました。
2013/09/16 若い世代は車に憧れを抱くのではなく、運搬手段として見ているを更新しました。
2013/09/13 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
ラビットGe3y's株式会社くるぷら
車の売却、購入のサイトです。オンライン査定、中古車検索等ができます。購入リクエストもできます。お客様満足度100%を目指すGe3y's株式会社のサイトです。車に関するすべての要望対応します。日本自動車買取有限責任事業組合が運営する車一括査定のサイト。大手企業が共同で運営しているので安心。